寒月

Microsoft Azure のことかポエムをつぶやきます。

Azure App Service / Functions の Kudu に Basic 認証でアクセスする方法

こんにちは。

Azure App Service では、様々な機能の背後にあるエンジンとして Kudu が動いています。 Kudu サイトにアクセスすることで、 Kudu コンソールでコマンドを実行したり IIS のプロセスを確認したり、ドラッグアンドドロップで ZIP デプロイができたりします。便利ですね。

しかし Kudu サイトにアクセスするには認証が必要で、使用するアカウントに対して該当の App Service への以下のいずれかのロールが付与されていなければなりません。

Azure Active Directory 認証を使用してブラウザーで Kudu にアクセスするには、組み込みまたはカスタムのロールのメンバーである必要があります。

  • 組み込みロールを使用する場合は、Web サイトの共同作成者、共同作成者、または所有者のメンバーである必要があります。
  • カスタム ロールを使用する場合は、次のリソース プロバイダーの操作が必要です: Microsoft.Web/sites/publish/Action。

権限が付与されていないと Kudu サイトにアクセスできません。

今日はそんな方のために Basic 認証を利用して Kudu サイトにアクセスする方法を紹介します。

Basic 認証を利用して Kudu にアクセスする

  1. Azure Portal で App Service を開き、 [発行プロファイルの取得] を選択してプロファイルをローカルにダウンロードします。

  2. 以下の URL にアクセスします。

    https://.scm.azurewebsites.net/basicauth

  3. 1 でダウンロードしたプロファイルをメモ帳等で開き、 userName をユーザー名に、 userPWD をパスワードの欄に入力します。

  4. ログインが完了すると Kudu サイトが表示されます。

終わりに

今日は Basic 認証を利用して Kudu にアクセスする方法をご紹介しました。権限が不足しているユーザーが Kudu にアクセスしたい場合、活用いただけるかと思います。

github.com

docs.microsoft.com